光を駆使した体験型の現代アート展「光のイリュージョン 『魔法の美術館』 〜Art in  Wonderland〜」を、2013年9月6日(金)から10月6日(日)まで上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)で開催します。これまでに全国22会場をまわり、累計で60万人以上を動員。その後も巡回先が後を絶たず、アンコール開催も含めて、今回でなんと、23会場目と、動員記録を更新し続けている話題の展覧会が、いよいよ東京で初開催となります。

本展では、国内外の様々なエキシビションに出展し高い評価を得ている、日本を代表するアーティストたち11組が集結。光をモチーフに、アナログな手法から最新技術を取り入れたデジタルな手法までを用いた計19点を展示します。
> 主な出展作品紹介はこちら


美術館における現代アートの企画展は、これまで様々な形式で多数実施されてきており、現代アート展の可能性は、日々無限大に広がっています。しかしその一方で、現代アートは「難しい」「わかりにくい」といった意見も少なくなく、現代アートが抱える課題の一つになっている、ともいえるでしょう。
本展では先端技術を駆使したアートの中でも、「見る・触る・参加する」を基本に制作された、想像力豊かでインタラクティブ性(双方向性)を重視した作品を取り揃えました。そのため、大人にも難解な芸術、と思われがちの“現代アート作品”にもかかわらず、子供は楽しみながらも大人のように芸術に触れ、大人は童心に帰って遊んでしまう、という特別な空間が広がります。参加性のある作品を体感できることから、現代アートの先入観を覆し“子供にも見せたい芸術”として、子供から大人までが同じ価値観でアートを楽しめるのと同時に、新しいタイプの美術館としてご堪能いただけるのです。世代を超えて「見て」「触って」「楽しみながら」「学べる」、光とデジタルを駆使した各作品のイリュージョンに、ぜひご期待ください。

▲ ページの一番上へ戻る

ホームページのあらゆるコンテンツの無断転載を禁じます。
主催:産経新聞社、日本美術協会 上野の森美術館
後援:フジテレビジョン、サンケイリビング新聞社
企画協力:ステップ・イースト